« VINTAGE 2006-EMOTIONAL EMOTION- スパルタローカルズ/THE BACK HORN@LIQUIDROOM | トップページ | ただいま、そしてごめんなさい »

2006年8月25日 (金)

VINTAGE 2006 presents「Re:mix 2006」@名古屋CLUB Diamond Hall/APOLLO THEATER

早起きして病院に行って、そのまま新幹線に飛び乗りました。
13時頃に名古屋に着いて、ホテルに荷物を置いて会場へ。
かなり番号がよかったんですが、イベントだからあんまり関係ないと思いつつもトップバッターのランクヘッドはしっかり、悟くんと小高くんの間の好位置をキープです。
入場前に偶然にもYさんに会えました。
Yさんとは、運命を感じちゃうくらいに本当に偶然お会いできることが多いんですよね☆
ランクが終わったには、つばきチームのみなさんと合流。
もうここからノンストップ、休憩なしで楽しんだイベントでした。
私が見たのは、ランクヘッド→藍坊主→スパルタローカルズ→MO'SOME TONEBENDER→THE BACK HORN→つばき→キャプテンストライダム→the pillowsです。
ライブの内容はちょこっとずづですが、こちらから。

【ランクヘッド】Diamond Hall
‘ランクでこんな好位置はめずらしい!’っていうくらいによく見えました。
ランクの場合は特に誰のファンという訳ではないんですが、小高くんがどの曲の時だったか前に出てきて、ニコッてしたときにはちょっぴり‘おおっ!’って思ってしまいました。
すろうないとでの様子を聞いているのでね、そんな姿は全く想像できない好青年ぶりでした(笑)
『白い声』が久しぶりに聴けたのが嬉しかったな☆
短い時間だったけど、ランクらしいやっぱりあったかいライブでした。
ランクヘッドはこのあとすぐに大阪に移動して、夜にもライブをこなすというダブルヘッダーだそうです。
もしかしてYさんとかは一緒に移動したのかな!?
<セットリスト>
1.白い声2.すべて3.夏の匂い4.loop 5.カナリアボックス6.月光少年

【藍坊主】Diamond Hall
初めて見たバンドだったんですが、独特の世界観でした。
曲はね、メロウな感じなのかな!?
ボーカルの人が「月が好きなんです」って言っていたけど、そんな雲に霞む月夜のほの暗さの似合うバンドでした。
決して煌々と照らし出される、月の光のイメージではないない藍い月夜。
曲を聴いたら、バンド名にもなんだか納得させられてしまいました。
今日の出演者の中では一番若いんですって!
私は今日のところはピンとは来なかったんですが、多分好きな人はかなりはまるんじゃないのかなぁっていう感じの、詞の世界でした。

【スパルタローカルズ】Diamond Hall
スパルタは昨日も見たんですけどね、昨日とは全く別物のライブに感じられるほどに熱かったです。
今日私が見たDiamond Hallの会場で、一番人が入っていたんじゃあないのかな?
多分曲もね、昨日とそんなに変わっていないんだと思うんですよ、聞き覚えがあるものが多かったし。
でもね、観客もメンバーもテンションが高くて、あまりの激しいノリに私までウズウズしてしまったくらいです。
やっぱり西では人気あるのねぇ~、スパルタローカルズ。
昨日とは打って変わって、私自身セーブもせずに楽しませてもらいました。

【MO'SOME TONEBENDER】Diamond Hall
モーサムは昔の曲はかなり知っているんですが、最近はちょっとご無沙汰だったんですよね(苦笑)
でも久しぶりにライブを見たら、やっぱりカッコイイです!
曲を知っているとか、知らないとかの時限の話ではないですね。
音がね、これまで若手のバンドは全く違って、お腹に、体中に響く音でした。
百々さんはとっても男前なんですが、意外にも私のタイプではなかったりします(笑)
でも演奏は、歌はかなりタイプなんですよ☆
昔の曲よりも随分聴きやすくなった感じがしましたが、そんな中にもモーサムらしさがたっぷりあって、ここでも弾けまくりでした♪

【THE BACK HORN】Diamond Hall
モーサムが終わって30分のブレイクタイムになったんですが、私はいつもの光舟側前に移動してスタンバイです。
ここでつばきチームのみなさんとはいったんお別れです。
何せAPOLLO THEATERのつばきと微妙に時間がかぶっていますから(苦笑)
ブレイクタイムでセットチェンジの時間もたっぷりあるからか、メンバーがそれぞれ登場して音を合わせていました。
最初に松、光舟、栄純も登場してね、何かの前奏のようなちゃんとした曲を合わせていました。
待っているみんなからも「栄純!」なんて声もかかってね、それにもちゃんと応えてくれていましたよ。
なんだかちょっとだけお得だったかも♪

ステージが始まってメンバーが登場するも、将司の姿がありません。
さっきみんなで合わせていた曲を演奏し始めて、終わる頃に将司が登場です。
んっ、こういう演出!? なんだかちょっとめずらしい。
セットリストはね、昨日の短縮したかたち。
やっぱり時間が短い分だけ、昨日よりはちょっと物足りない感じもあったんですが、それでもTシャツが絞れるくらいに盛り上がって、楽しみました。
将司の声が昨日よりも辛そうだったかなぁ?
コラムで「エアコンがダメなので、つけて寝ない」なんて将司が書いていましたが、喉には難しい季節ですものね。
たいしたことがなければいいんですけど。
<セットリスト>
1.幾千光年の孤独2.光の結晶3.ひょうひょうと4.ブラックホールバースディ5.コバルトブルー

【つばき】APOLLO THEATER
バックホーンが終了してすぐに階段を駆け下りて、つばきへダッシュです。
会場は超満員で、何とか入れてもらってノリノリゾーンの後方に到着です。
『スタイル』の途中でついたんですが、これが1曲目だったみたいでほとんど見られましたよ☆
それにしても1曲目からノリノリで、前方にいたMちゃんやHさんは押されまくってよろけているのが見えました。
‘これってつばきのライブよね?’って思ってしまうくらいの熱気に包まれて大盛り上がりです。
私もね、バックホーンでヘロヘロなところをダッシュしてきて、さらにこの激しさにテンションがあがりっぱなしで、実はあんまり覚えていなかったりします(苦笑)
とにかくウォーミングアップは十分出来ているので、そのままノリまくりましたよ。
小川さんも周りの熱気に、かなり興奮状態だったんじゃあないかな?
途中でそんな小川さんをみて、さらに一色くんが小川コールを起こして盛り上げていました。
ああ、なんだかすごく充実感の楽しいライブでした。
<セットリスト>
1.スタイル2.瞬き3.君のヒゲ4.花火5.世界が死ぬ時6.昨日の風 (4と5の順番が逆かも!?)

【キャプテンストライダム】APOLLO THEATER
キャプストもすごい人でしたねぇ。
キャプストは見れば見るたびに、楽しくなっていく感じ。
『走れメロス』『マウンテン・ア・ゴーゴー・ツー』『キミトベ』『風船ガム』などをやっていました。(順番は適当です)
このほかの曲もやっていました。(←私が覚えていなだけでね・苦笑)
何の曲の時だったのか忘れてしまったんですが、曲の途中でみんな「U・I・R・O・U」と手で文字を作ったりしてね。
もうノリノリで熱いというよりも、あったかくて自然体、そしてたのし~い!そんなライブでした。

【the pillows】Diamond Hall
APOLLO THEATERはキャプストのあとはアナログフィシュで、それを見てからでもピロウズには間に合ったんですけどね。
もうかなりヘロヘロなので、早めにDiamond Hallに移動して、バックホーンでドロドロになったTシャツを着替えたりしてちょっと休憩です。
ピロウズはそんなに前で見なくてもいいのでね、ゆったり後方で踊っていました。
でもね、もっとすごい人が入るのかな?と思っていたんですが、結構後方は空いていました。
もうこの時点で22時ですからねぇ~、遠征日帰り組の人は見ていると帰れなくなっちゃうんですよね。
でもね、ライブはすごくよかったんですよ。
もうここまでで、今日のイベントでテンションが高ぶっているからなのか、何度か見ているピロウズのライブの中で一番楽しめた気がします。
多分ね、これは私の気持ちがかなり開放されていたせいと、知っている曲が多かったせいもあるんではないかと。
アンコールもあって、燃え尽きたライブでした。
CDはね、全部持っているのですよ、ピロウズ。
新しい2.3枚はかなり聞き込んでいるんですが、昔の曲はね、そんなにたくさん聴いていなかったりするんですよね(苦笑)
帰ったら、しっかり聴き込もうと心に誓ったそんなライブでした。
あっ、さわおのトークもね、いつもどおり楽しかったですよ。
ミスチルとの対バンの話を主にしていました。

長時間にわたるイベントだったのに、あっという間に終わってしまったそんな感じ。
名古屋まで来たかいのある、素敵なイベントでした。
Mちゃん、Hさん、ピロウズが終わるまで待っていてくれてありがとう。
きしめんトークも楽しかったです。
しばらくは一緒に遠征の予定はないですが、また是非ご一緒させてくださいね。
お疲れ様でしたぁ~~。

|

« VINTAGE 2006-EMOTIONAL EMOTION- スパルタローカルズ/THE BACK HORN@LIQUIDROOM | トップページ | ただいま、そしてごめんなさい »