« Sound Schedule『‘THE COMPLETE SS’』 | トップページ | 実家に2.3日行ってきます »

2006年9月20日 (水)

Sound Schedule Live Tour“Sound Life ~ありがとう~”@渋谷CLUB QUATTRO

もうね、泣いちゃうとかそんな次元の話ではないです。
号泣! まさしくあれは号泣ですね(苦笑)
恥ずかしいとかそんなことはすっかり忘れて、気持ちのままに感動して、涙が溢れて、笑って、踊ったそんな時間でした。
最初から最後まで、涙は乾く暇がないくらいでしたから。
ああ、大石くんのあの笑顔。
感極まって、初めの方から歌えなくなってしまっていましたね。
もうほとんどの曲で泣きそうで、でもこらえて笑顔をつくって歌う大石くん。
いつもはもっと全体を見るんですよ、でも今日は大石くんしか目に入りませんでした。
最後だから許してくださいね。
ずっと強がって‘メンバーで決めたなら仕方がない’とか‘新たな未来に向かってスタート’なんて納得したようなことを書いてきましたが、やっぱりやめないで欲しいよ~!!
頭ではわかっているんですよ、でもやっぱり今日のライブを見ちゃうとね、もっともっとずっと見ていたいって思ってしまいました。
川原くんも大石くんも言っていましたが、「死んじゃうわけじゃあないのでね(また会える!)」。
Sound Sceduleという形は変わっても、いつまでも大好きでいたいと、見つめていられたらいいと思います。 
そして・・・・・たくさんの素敵な曲たちと、いっぱいいっぱいの気持ちのこもったライブをありがとうございました。

ライブ内容は続きへ(ほとんど大石くんしか見ていません・ゴメンね)

番号は案外早めだったので、荷物も気合をいれて会場外のコインロッカーに入れて準備万端、 いざ会場へ!!
パルコの外まですごい人だかりで、びっくりしてしまいました。
サウスケでももちろんありえないけど、他の人のライブでもこんなのは見たことがないくらいです。
私より前の番号の人はみんなFCチケットで、遠征組の人が多かったですね。
今日はバインチームMmさんと、ポルノチームNちゃんとご一緒の予定なんですが、二人とも仕事の都合で遅れているらしく、先に入場することに。
あっ、このNちゃんがデビューしたばかりのサウスケを発掘して私に教えてくれた人。
出会えてよかった!って本当に感謝しています。
会場に入って、大石くん側の前の方(7.8列ぐらいかな?)になんとか入れました。
前がね、小さい女の子ばっかりだったので、誰にも何にも邪魔されることもなく、ライブに集中できました。
もう本当にね、大石くん以外は何にも目に入らなかった感じです(すみません、でも今日は・・・)。
開演ギリギリに入場したらしいMmさんとは偶然にも遭遇できて、一緒に盛り上がることができました。(やっぱり運命ですねえ、Mmさん・笑)

メンバーが登場して、前方は押されてかなりひどいことになっていましたが、しばらくしたらなんとか落ち着いていましたね。
私はもっと激しいライブで鍛えているのでね、全然平気だったんですが、いつものサウスケライブとはやっぱり違う雰囲気でいっぱいでした。
大石くんは登場すると演奏前に深々とお辞儀をしてから、笑顔を見せて演奏がスタートです。
1曲目は『同じ空の下で』です。
歌詞がね、今日の日のためにあるような歌詞に聴こえて、最初から胸に突き刺さってしまいました。
‘さよならしやすいように・・・’‘旅立ってしまっても 同じ空の下で つながっていられるように’‘僕も負けないように 振り向かずに歩いて行こう’
今日は、そんなふうに歌詞たちが、ひしひしと胸に響く曲ばかりでした。
ああ、こういう曲たちを歌い続けていたんだなぁ、って今さらながらに気がつかされたりして、また泣けてしまうんですよ。
『吠える犬と君』は本当に大好きな曲です。
今日は大好きな、思い入れのある曲ばかりなので、こんな表現ばっかりになってしまいますね。
ここからは全くノンストップで7曲目の『クライマックス』までノリノリに跳んで踊って盛り上がりました。
この時点でTシャツは汗でびっしょりで、着替えが必要なくらいでしたから。
でもね、ノリノリなのにやっぱり大石くんの歌声を聴いているとね、感極まってしまうんですよ。
さすがにこの段階ではまだ号泣ではなかったんですが、もうね、半分泣き笑いです(苦笑)
大石くんも『幼なじみ』と『~ピニャコラーダ』の途中で、歌えなくなってしまっていました。
そしてやっぱりこらえて、笑顔で泣き笑い。
あっ、このあたりで「もうね、今日はたくさんの曲をやるからね、長いですよ。最後までよろしく」なんて感じの言葉を言っていました。
嬉しい言葉です、少しでも長くこの時間が続くように思っていたから。
8曲目の『黄金レシピ』でアコースティックギターに持ち替えて、座っての演奏です。
ここで大石くんが「後ろの人も見えていますかぁ?僕はアコースティックギターを持っています(笑)」なんてギターを高く上げて見せてみる。
「後ろの方まで人がいっぱいですごいですね。ありがとう」なんて軽く話してから演奏へ。
ああ、やっぱりバラードは、この大石くんの声は最高です!
続いての『恋焦がれ』は川原くんのピアノの演奏のみで歌い上げました。
「学生時代からずっと歌い続けている大切な曲です」って言っていました。
この曲と次の『愛のかたち』はね、私にとって青春時代を思い起こさせる、甘酸っぱい究極のラブソングなんですよ。
2曲続けて聴けるなんてね、そしてピアノの音が奏でる調べが、静かに胸に迫ってきます。
『愛のかたち』では立ってギターに持ち替えるんですが、この曲の前にね、どうやらMCの予定だったらしいです。
大石くんが下を向いていてなかなか話し出さないので、川原くんが「ここはMCですよ」なんて声をかけていました。
ちょっと間があって、「う~ん、もうね、今日は何にも考えてきていないんですよ。いつもは前の日の夜とかにちょっとだけ考えたりするんですけどね。今日はこの今を、ありのままを伝えられたらいいなと思って・・・」なんてポツリポツリと、それでも笑顔で語ってくれました。
「たくさんのことがあった中でも、思い入れのある曲や、節目だったって感じる曲があります。次の曲はそんな大切な曲のひとつです」の紹介で『愛のかたち』の演奏が始まりました。
そして次の曲の前に「次もバラードですけどね、ゆっくり聴いてください」なんて紹介して、『言葉さがし』です。
もうわかっていらっしゃるとは思いますが、このバラードたちの間中、ずっと涙が止まりません。
何度も何度も聴いているはずのこの曲が、やっぱり心の奥にまで沁み込んで来て、ますます感極まってしまいました。
そして「昨日9月19日でデビュー5周年を迎えました(ちょっぴり苦笑いでしたね、大石くん)。たくさんの曲があって、全部はやりきれないですからねぇ。メドレーにして作ってきました。まず最初はこの曲から・・・『ちょっとだけ』」
ここのメドレーがね、懐かしい曲ばかりなんですよ。
楽しい曲や、思い出がある曲、そんな曲ばかりがメドレーと言ってもそれぞれ長めに続きます。
ここでね、もう号泣なんですよ。
その前からずっと泣いているんですが、もう号泣!!
両目から本当に涙が伝わり続けているのに、止まらない。
‘もういいやっ!’って、涙を拭くのもやめてしまいました。
というか、涙を拭く動作さえもできないくらいに、大石くんの歌の世界に入り込んでしまっていました。
多分、メドレーは全部で7曲あったんですが、どうしても6曲目が思い出せません。※注1
思い出せないというよりも、この辺りの記憶がありません。
家に帰ってきてからあれこれ聴き直してみたんですが、どれも違う気がして・・・
大阪でリベンジしてきます、ゴメンネ。
そして、この記憶がなくなりながらも口ずさんでいた『君のためにできること』。
もうね、何にも他は見えなくて、大石くんが私だけのために語りかけてくれているような勘違いの、二人だけの世界に入り込んでいました(苦笑)
今日も大石くんはずっと隅から隅まで客席を見つめていて、何度も目が合った(!?)なんて思っていたんですよ。(多分、勘違いなんですけどね・笑)
でもこの『君のために~』が終わった後で、大石くんが私のいるあたりを指差して、優しく笑って‘涙が・・・’って目に手をやって、ぬぐうポーズをしたんです。
両目から溢れ続ける涙をそのままにしていた私は、‘もしかして私?’ってドキッてしてしまいました。
そして、大石くんを見つめたまま、恥ずかしくなって慌てて涙をぬぐいました。
はい、大・大・大勘違いだということはちゃんと理解しているんですよ。
でも今日は、今日はね、私のことだったと思わせて下さい。(というか思い込んでしまうことにします!)
読んでいる人には痛~い内容だとは思いますが、そんな思い出をね(たとえ勘違いでも)、最後に残せたらなんて思って、私の記憶として書かせてもらっています。(すみません)

そして次には沖くんのコーナーです。
「川原くんのピアノとか、今日何をやろうかと考えた時に沖くんのコーナーを作ろう!ってことになったんですよ。ということで沖くんが作曲した2曲をやりたいと思います。それにしても暗いよね、沖くんの曲は(笑) リハーサルで合わせていても全然他の曲と雰囲気が違うもんね(笑)」と大石くん。
それを受けて沖くんが「ずっと曲は作っていたんですが、こういうちゃんとした形になったのは初めてで、大丈夫かな?って心配だったんだけど、出した後ですごくよかったってたくさんの反響をもらって嬉しく思いました」って言っていました。
私もこの曲、すごく好きですよ。
暗い感じの曲調ではありますが、そこにね、儚いせつなさみたいなものが感じられます。
『窓の向こう』『僕らの行方』、今日もそんなムードをたっぷり感じされてくれました。
やっと涙も乾きはじめたところで、大石くんの「今日は倒れるまでやるからな。まだまだついてこれますか?」の声で『スペシャルナンバー』です。
ここからはお馴染みの、なくてはならない曲の連続です。
いつもはちょっぴり躊躇してしまう『ピーターパン~』のフリも悔いのないように思いっきり。
『君という花』の歌も大きな声で一緒に歌って・・・多分この曲だったと思うんですが、キラキラテープも飛び出しました。
ハラハラと舞い落ちるテープを、大人気なくも空中でキャッチです。(背が高いのでとりやすいんですよ。周りにいた人ごめんなさい。)
もうね、ここでもやっぱり泣き笑い。
『コンパス』の歌詞がね、痛いほどに響いてきました。
‘昨日より 自分らしく 昨日より 少しでも前へ’‘負けんな 負けんなって今を繋ぐ’
今日のライブに、今の気持ちにぴったりの言葉たち。
口ずさみながら、ずっと自分に言い聞かせていました。
続いて『アンサー』へ。
これもね、聴けば聴くほどに沁みてくる曲です。
そして‘もう終わっちゃうよ~’ってずっとずっと頭のどこかで叫んでしました。
でも本当に今日はたくさんの曲を演奏してくれたんだなぁ、って終わって振り返って実感しています。
本編のラストは『コモリウタ』
この曲の前にも大石くんが何か言ったんですけどね、もう全く覚えていません。
確か大きく手を広げて、包み込むように歌ってくてていたんじゃあなかったかな?
‘もしかしてアンコールはないんじゃあないの?’なんて思わせるほどに完結した、感動の渦に巻き込まれて終わった本編でした。

もう放心状態で、無意識に手拍子をしながらみんなのアンコールの声を聞いていました。
ちゃんとアンコールはありましたよ。
『ハイライト』の後だったかな?
「僕だけが話していても何だからみんなにも。まず沖くん」なんて言って、沖くんがここでやっと解散についてのことにちょっとだけ触れていました。
「BBSとかでたくさんの反響があって、わかっていたんだけどね、そういう気持ちの人たちが、僕たちを必要としてくれた人がたくさんいるってことは。でもそれは変えられないけど、そういう気持ちをたくさんもらって、なんだかすごくみんなが近くて、距離が近くに感じられて嬉しかったです」って、うまく言葉に出来ないのがもどかしそうに話してくれました。
川原くんはね、必死で明るく冷静に話そうとしているのが、とっても伝わってきました。
楽しい話とかをあえてしてみたりして・・・・・
ブログに書いてあった、渋谷で会った今日のチケットが取れなかった男の子たちの話。
あとはね、誰かが大石くんに「まーくん」って声をかけたら、「そういえば、最近僕たちもまーくんって呼んでないですねえ」なんて話し始めて、大石くんが大学で神戸に出てきた頃の留守番電話の再現をしてくれたりしました。
「はい、まーくんです!電話に出られなくてごめんね」ってすごいかわいい声で、テンション高く入っていたみたいですよ。
「事務所と契約する時にね、事務所の人が留守番電話に用件を入れようとして‘こいつと契約して大丈夫だろうか?’って思ったらしいですから(笑)」なんて話を披露してくれました。
このあたりでやっと和んで、観客たちも私にもやっと笑顔が戻ってきました。
でもね、このトークの間に笑いながら言った「死んじゃうわけじゃないんだからね(またきっと会える!)」っていう言葉が、痛いくらいに耳に残りました。
ああ、みんな無理をしているなぁ~、ってもちろん私も。
だけど最後は笑顔でさよならしよう・・・そんな気持ちがとっても感じられました。
この後に大石くんも、この言葉を自分に言い聞かせるようにつぶやいていましたからね。
私も一緒に、心でつぶやいていました。
もうどこで終わってもおかしくないんですけどね、『甘い夜』でますます聴かせてくれた後で、ラストは『今ココにあるもの』です。
ああ、もうね、言葉が見つからないんですよ。 この感動を伝える言葉が・・・
精一杯涙をこらえて歌おうとする、大石くんを見習って私も一生懸命笑顔で応えました。
でもね、メンバーが、大石くんが生声で「ありがとう」って言って、深々とお辞儀をしてステージから見えなくなった途端に、またまた号泣です。
熱いものが込み上げてきすぎて止まりません。
まだまだアンコールを呼び続ける声を、遠くにかすかに聞きながらずっと立ち尽くしていました。
BGMで『コンパス』が流れていて、さらに涙を誘う大石くんの声。
もう出てこないよね?ってみんなが思っても帰れない。
満足しているけど、いいライブだったけれど帰れない。
そして自然と‘負けんな 負けんな~♪’ってどこからともなく、みんなで歌い始めました。
ずっとくりかえし、くりかえし。
そしたら、メンバーが再度登場してくれました。
「もうちょっと付き合いましょうか?」って沖くんが照れくさそうに言ってね。
Wアンコールは『コンタクト』。
ああ、まだ今の気持ちを歌う曲が残っていましたね。
同じ言葉ばかりで申し訳ないですが、やっぱり大石くんの声が、歌が、歌詞が痛いほどに響きます。
‘繋がっていたい 今僕を取り巻くあらゆるものと ここにいるワケを ここにいる証を 探していこう’
本当に最後に、この場所にふさわしい曲でした。
もう周りは全員泣いています、もちろん私も。
「最後に・・・また、もういちどこの曲を」と大石くんが言って、『同じ空の下で』です。
しんみりしてしまった空気を、気持ちを、できるだけ笑顔に変えて、ありがとうの気持ちを思いっきりステージに向けて手をふり挙げてきました。
3時間ものライブの、今日の、本当のラストです。
寂しさで、悲しさでいっぱいの気持ちはまだまだあるんですよ。
でもね、心からあたたかく見守っていける、そんな気持ちになれたラストライブになりました。
本当にありがとうございました。
まだ大阪公演で会えますけどね、今日のあの真近での感動は一生忘れられないと思います。

<セットリスト>
1.同じ空の下で
2.吠える犬と君
3.幼なじみ
4.ヘイ!ヘイ!
5.さらばピニャコラーダ
6.世直しブッダ(途中で『IQ兄弟』の最初の掛け声が少し入る)
7.クライマックス
8.黄金のレシピ
9.恋焦がれ
10.愛のかたち
11.言葉さがし
12.メドレー[1.ちょっとだけ2.東京ライフ3.大学物語4.マザーコンプレックス5結末のない二人6.?(もしかして運命の人!? )※注27.君のためにできること]
13.窓の向こう
14.僕らの行方
15.スペシャルナンバー
16.ピーターパンシンドローム
17.君という花
18.コンパス
19.アンサー
20.コモリウタ
EN1.ハイライト
EN2.甘い夜
EN3.今ココにあるもの
W・EN1.コンタクト
w・EN2.同じ空の下

※注1・2
メドレーの6曲目にあたる記述ですが、大阪で聴いたらメドレーは全部で7曲ではなく6曲になっていました。
多分ね、この渋谷のライブでの思い違いだと思います。
訂正すればいいんですが、この時にはそう思ったってことを記憶しておきたいのでこのままにさせてくださいね。

ちょっとヨレヨレですが、今日のチケットと左上はキャッチしたキラキラテープ。

追伸:
Mmさん、Nちゃん打ち上げまでおつきあいありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。
Mmさん、私の本性もバレちゃいました?(笑)
これに懲りずに今後ともよろしくお願いします。
Nちゃんとも久しぶりにマシンガントークが出来て、とっても楽しかったです。
また今度ゆっくりね☆

|

« Sound Schedule『‘THE COMPLETE SS’』 | トップページ | 実家に2.3日行ってきます »

コメント

はじめまして!
解散ライブのレポを探していてこちらにたどり着きました。
ええと、いきなりで恐縮なんですが、こちらの記事にリンクを貼らせて頂きたいと思いご報告にあがりました。
もし不都合等ありましたら、お知らせください!
突然失礼致しました~!

投稿: route85 | 2006年9月23日 (土) 14時10分

真冬さん、コメント遅くなってごめんなさい。
しかも未だにレポが書けそうにもありません…

真冬さんとご一緒できたサウスケライブがラストライブとは皮肉なもんですが(涙)でも、いいライブでしたね。
私も『恋焦がれ』は感動しました。大石くんはほんとに歌が上手いですよね。
川原くんの表情も切なくて…印象的でした(←沖くんは?)

今後、大石くんがどう成長するか楽しみですね。
「大丈夫かなぁ~」っていう不安な面の方が大きいですが(笑)

Nさんにもヨロシクお伝えください!

投稿: みんみん | 2006年9月23日 (土) 20時54分

>route85さん
リンク、全然OKですよ~!
ライブ後すぐに熱いテンションのままで書いたので、感情的でつたない文章でお恥ずかしいです。
でも読んでいただけて嬉しいです、ありがとうございます。

route85さんのブログも拝見させていただきました。
『IQ兄弟』の位置が私のレポでは間違っていたので、参考に訂正させていただきました。

解散、やっぱり悲しいですけどね。
お互いに、これからの、それぞれのサウスケに会える日を楽しみに頑張っていけたらいいですね。
また是非遊びに来て下さいね、お待ちしています。

>みんみんさん
忙しいのに、風邪なのに、無理しなくていいのに~~!
そんな中でのコメント、ありがとうございます。

隣でお恥ずかしくも大泣きしてしまい、失礼しました(笑)
でも本当に、感動的なライブでした。
大石くん、そしてメンバーの今後は・・・やっぱり心配なんですが見守るしか出来ないのでね。
新しくスタートした時にはいち早く情報をGETして、また一緒に応援しましょう!!

風邪、お大事に☆


投稿: 真冬 | 2006年9月24日 (日) 18時23分

どもども~ 予想通りくるのおそくてすみません。
今日ははっちですね?
いまさらうらやましくなってきました&せつなくなってきました。。

CD焼いてもらいましたが、特典映像も写真も気になるので
買っちゃおうと思っています。

なんだかほんとに悲しくなってきました(>_<)
はっちレポも楽しみにしています。


投稿: つぼ(N) | 2006年9月26日 (火) 21時43分

>つぼ(N)さん
コメントありがとうございます!
私もね、ライブ前はこんなに辛いとは思わなかったんですよ。
クアトロが終わってから、ハッチの終わった翌日の、昨日までの1週間がとにかく悲しくて切なくて苦しかったです。
まるで、失恋したあとのようでしたからね(笑)

まだまだ失恋(!?)の痛手は回復していないけど、少しだけ落ち着いてきました。
でもやっぱり出会えてよかった!って言いたいです。
つぼ(N)ちゃんのおかげよ☆

投稿: 真冬 | 2006年9月28日 (木) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sound Schedule Live Tour“Sound Life ~ありがとう~”@渋谷CLUB QUATTRO:

« Sound Schedule『‘THE COMPLETE SS’』 | トップページ | 実家に2.3日行ってきます »