« rockin’on presents JAPAN JAM 2011@幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール | トップページ | ライブ以外のお楽しみ »

2011年5月 8日 (日)

GRAPEVINE tour 2011@札幌PENNY LANE24



震災の影響で、延期になった振替公演の札幌。
ペニーレーンはお初の私です。

札幌の観客が元々持っている熱気と待ちに待っていた思いの強さで、すごくいいライブになっていたのだと思う。
でも私、残念なことにこの会場との相性が悪かったのか体調が悪かったのか、耳に響く不快な高音に悩まされて全く集中できなかった。
隣で聴いていた友人も、他の友達も全然平気だと言っていたので、これは多分私の問題。
そんなに音にこだわる方ではないのに、たまにこういう時がある。
以前は椿屋@柏PALOOZAがそうだったっけ。
でもこの日はそれ以上にひどくてね(苦笑)
とくにそう思ったのが『おそれ』の時で、シンセの音がキーンって耳について、うるさすぎて田中さんの歌う声が私には全く聴こえなくなった。
実際ライブ中に田中さんのマイクの音とびは何箇所かあったらしいけど、みんなはそんなに気にはならなかったみたい。
その後もやはりボーカル音がいちばん聴こえなくて、そのほかの音の全てが、花火大会で大玉を連発しすぎて煙にかすんで何も見えないようなくぐもってもったいない感じに聴こえた。
最後の方はもうあきらめて‘こんな日もあるよね’って思いながら聴いた。
だからほとんど感情移入できなくて、すこし消化不良気味だった。
それでも『Sancutuary 』から『GRAVEYARD 』の流れにはグッと来た。
この日はミスで曲をとばしてしまった場面があって、ステージ上であわてふためくメンバーや、「どうする?」ってみんなが集まって相談する珍しいシーンが観られたりもした。
あわあわした田中さんの顔がちょっとかわいかったな(笑)
でもそんなのも終わってしまえばちょっとしたサプライズみたいな感じで、‘かえってレアでよかったのかも!?’って思えるくらいにまとまっていたライブだった気がする。
アンコール、そんな熱いライブに感極まって『here』で田中さんが声を詰まらせたとき、あいかわらず耳で鳴っている不快音のせいでそこまで思いを重ねられなかった自分が残念で、少しだけ悔しく思った。
今回のツアー、これまでずっとたくさんの映像を見て、物語を旅してきたのに、「今日は一緒にその思いを受けとめられなくてごめん!!」って心でつぶやきながら聴いた『here』だった。

いいライブだったんだけどね。
もしかしたら音の問題がなかったとしても、私の物語は新木場で終わっていたのかもしれないなって、ちょっとだけ思ってしまったライブでした。
まだ7月に仙台、盛岡の振替公演が残っているんだけれど、しばらく時間が空くからまた新しい気持ちで、違う物語が見られるといいな。

<セットリスト>
01.Silverado
02.This town
03.Suffer The Child
04.ミランダ(Miranda warning)
05.ピカロ
06.インダストリアル
07.冥王星
08.おそれ
09.Dry November
10.411
11.ランチェロ'58
12.Neo Burlesque
13.VIRUS
14.Sancutuary
15.GRAVEYARD
16.風の歌
17.夏の逆襲
18.真昼の子供たち
EN.
19.R&Rニアラズ
20.白日
21.CORE
22.here
23.超える

|

« rockin’on presents JAPAN JAM 2011@幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール | トップページ | ライブ以外のお楽しみ »