« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

Peridots "Echoes & Walls" 2011@座・高円寺2 2日目

今日のペリは良かったぁ~。
ペリのライブはこうでなくっちゃ!!っていう、終わったあとのすっきりとした余韻。
後方から、全体を見下ろすように観えたステージ。
気持ちよいほどに広がっていく声を感じる。
この距離感で観ると、昨日眠くなってしまった照明の暗さも納得できる。
なんかね、プラネタリウムみたいだなって思った。
ペリを例えるならば、間違いなく月だ。
そしてその声は、生きているという存在を照らしてくれる星なのかもしれない。

彼の歌声は浄化される感じではあるが、決して透明ではない。
日常や生活の汚いところも映し出す。
“生きているっていうのはこういうことだ”と、歌っている気がした。
何度も心臓を鷲掴みにされたように思った場面があった。
‘心臓の音が聴こえるような歌だな’って、ずっと思いながら聴いた。
苦しいことや辛いこともあるけど、楽しいことや嬉しいこともあると歌っている。
だからきっと自然に涙がこぼれるのだ。
彼の歌は決して無条件には救ってはくれない。
足元を確認させて、空を見上げさせてくれるだけだ。
たくさん流した涙が嘘のように、ライブ後にはまたすぐに生活が始まる。
だけど少しだけ、心が軽くなったような気がする。
‘生きているっていいな’って、そう思いながら帰るのだ。

続きを読む "Peridots "Echoes & Walls" 2011@座・高円寺2 2日目"

|

2011年6月27日 (月)

Peridots "Echoes & Walls" 2011@座・高円寺2 1日目

最近のぺリは売り切れることもあったから、先行でチケットを取ったら全席指定の前の方。
そしてちょっと端だから見上げる感じになって首が痛い。
すごくいいライブだったのに、甘いラブストーリーの映画を最前列の映画館で観てしまった感じで、いまいち集中力に欠ける(苦笑)。
う~ん、何とももったいない。
それでも中盤からはウルッとされられたんだけど。
やっぱりぺリは後方真ん中あたりで観たいなぁ。
そしてさらに私、なぜか前半で眠くなるという失態!!
今日はグランドピアノとアコギスタイルだったんだけど、最初はギター1本弾き語り。
照明も高橋さんを照らすひとつの明かりのみで7曲くらいまで変わらない。
だから結構暗くて、ゆったり椅子席がかえって災いして、途中で何度か意識が飛びそうになった(汗)。
それでもすごいよね。
そんな状態の私を、涙させるところまでもっていく高橋さん。
『Nothing Is Coming 』からピアノも入って、私の目も覚めた(^-^;
『eyes』『リアカー』『どこへ』など、王道だけど自然と涙がこぼれた。
アンコールもよかった。

MCでは、『仁』の最終回で号泣した話。
「涙腺はかなりきつい人なのに、自分でも驚いた」というようなことを言っていた。
「今風の言葉でいうと、綾瀬はるかがヤバイ!!」らしい(笑)。
後は夏からまたレコーディングを初めてアルバムを作るそう。

そんなこんなで全然具体的にレポが書けない。
ぺリのワンマンは年に数本しかないので、このままでは消化不良だ。
行かない予定だったけど、当日券が出るみたいなので2日目の明日にリベンジしてくる!!

続きにセットリストのみ。
でも順番とか非常に自信がないので、間違っていたらごめんなさい。

続きを読む "Peridots "Echoes & Walls" 2011@座・高円寺2 1日目"

|

2011年6月24日 (金)

yuji nakada presents「SONG COMPOSITE 2011」@横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール

正直に言うと、コンポジにはそんなに思い入れがないので、あんまり期待していなかった。
でも、今回のコンポジがとにかく素晴らしくて何度も涙ぐんでしまった。

何より中田くんの表情が違う。
笑顔ひとつをとっても、影のない真っ白なものだった。
幸せそうに歌うなぁ、って何度も思った。
前のコンポジは、中田くんが自分の部屋でギター1本で歌うというようなコンセプトだったから、作りこまずにラフな印象が強かった。
そして椿屋四重奏の中での中田裕二ソロプロジェクトだったから、アーティストとして歌で魅せるというような力強いものではなかった気がした。
その反面、距離感は今回よりもずっと近くには感じられたんだけれど。
でも私は、1人のアーティスト中田裕二として臨んだ今回の姿がキラキラと眩しく思えた。
カバー曲よりも、オリジナルの新曲たちが際立っていた。
椿屋の、バンドの重責の鎖が外れて、のびのびと楽しそうに歌っているのが嬉しかった。

そんなことを思った直後に中田くんが言った。
「改めてお久しぶりです、中田裕二です。今回のコンポジ、もう仙台、盛岡、札幌と終了しまして、今日で4本目になるんだけど、すごくいいでしょ?」って笑う。
「前回はね、やっぱり椿屋四重奏って大きなものがあったから、また違ったかたちだったんだけど・・・」って。
その言葉を聞いて、‘ああっ、この人は・・・’って胸がしめつけらる。
これまでにも何度となくそんな場面があった。
私が心でダメ出しした時も、怒っていた時も、大絶賛したときも、今の自分の立ち位置を客観的に見ている彼の言葉に、信頼して安心させられてきた。
今回もそう。
‘このままずっと大好きな彼の歌声だけを信じてついていける’って、確信できた私がいた。
未開封のままに置いてある椿屋最後のベストアルバム、本やDVDを、このツアーが終わったら開封できそうな気がした。
私も心の中にある、椿屋四重奏というガチガチに封をされた記憶の鎖を、どうやらそろそろ外せそうだ。
そんな風に感じさせてくれた、ソロアーティスト中田裕二のSONG COMPOSITEだった。

続きを読む "yuji nakada presents「SONG COMPOSITE 2011」@横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール"

|

2011年6月10日 (金)

New Acoustic Camp -PRE.-featuring OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND@渋谷duo MUSIC EXCHANGE

バイン田中さんとキーボード高野さんから成るParmanentの出演がかなりギリギリで発表されたイベント。
‘行かなくてもいいかな?’なんて思っていたんだけれど、SAKAE SPRINGでのセトリを見てちょっと気持ちが動いた。
それでも迷っていて、前日にやっとチケットを買った。
気分でいけるライブっていうのもいいものです♪

でもパーマ30分、 OAU1時間半ってちょっとしんどかったわ(^-^;
OAUも良くって楽しめたんだけど、友人が「椅子だったら行ったんだけど」って言っていた意味がわかった気がする。
あれは野外でゆったりお酒を飲みながら聴きたい音だよねぇ~。
OAUは初めて聴いたんだけど、感想を少し書くならばとっても気持ちのいい音でした。
私は多分、あんまり完成されすぎた音は好きではないのよね。
そしてキレイすぎるだけのメロディも好まない。
だからって聴くに耐えないくらいに下手なのは問題外よ!!
OAUの演奏はとにかく素晴らしくて美しかったりするんだけど、どこかに人間臭さや抜け感があってスッって楽しめたり馴染めたりする気がした。
やっぱりトシロウさんの存在が大きいのかもしれないけどね。
何にも考えなくても心に溶け込む音なんだけど、ちゃんとその音を聴いた意味を心に残す音だった。
ただ気持ちがいいだけではない、大人な音だったよ。
今度は座って、また聴いてみたいな。

続きを読む "New Acoustic Camp -PRE.-featuring OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND@渋谷duo MUSIC EXCHANGE"

|

2011年6月 9日 (木)

ワ・リ・コ・ミ@GACHI 浜崎貴司vs.山田将司(THE BACK HORN)@渋谷duo MUSIC EXCHANGE


山田目当てで行ったんだけど、何よりこのイベント自体がすごかった!!
普通のイベントは対バン形式か、何らかのコンセプトがあってそれらしい曲を演奏するくらいでしょ?
でもこのイベント、なんかもう二人でひとつの出演者な感じなの。
こんなイベントのスタイルがあるんだなって、正直驚かされたくらいだった。
もともと面識のある人がゲストだというのもあるだろうけれど、「ライブ前に必ず1回は飲みに行く」って浜ちゃんが言っていたからね。
山田とは3回も飲みに行ったらしい(笑)。
そんな信頼感と緊張感の空気がうまく溶け合った雰囲気だった。
15分の休憩を含めてほぼ3時間のステージが、本当にあっという間に感じるくらいに引き込まれた。
そしてまた浜ちゃんと山田の声の相性がぴったりでね。
ぞわって鳥肌がたったり、涙ぐんだり笑ったりした。
ライブなのに朗読劇を観ているような気がしたんだよ。
ひとつひとつはバラバラなのに、最後にはちゃんと起承転結の形を見せてくれた気がした。
メンバーから離れて一人でステージに立った姿は、どこまでも照れ屋さんで真面目で硬派な山田だった。

続きを読む "ワ・リ・コ・ミ@GACHI 浜崎貴司vs.山田将司(THE BACK HORN)@渋谷duo MUSIC EXCHANGE"

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »