« ワ・リ・コ・ミ@GACHI 浜崎貴司vs.山田将司(THE BACK HORN)@渋谷duo MUSIC EXCHANGE | トップページ | yuji nakada presents「SONG COMPOSITE 2011」@横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール »

2011年6月10日 (金)

New Acoustic Camp -PRE.-featuring OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND@渋谷duo MUSIC EXCHANGE

バイン田中さんとキーボード高野さんから成るParmanentの出演がかなりギリギリで発表されたイベント。
‘行かなくてもいいかな?’なんて思っていたんだけれど、SAKAE SPRINGでのセトリを見てちょっと気持ちが動いた。
それでも迷っていて、前日にやっとチケットを買った。
気分でいけるライブっていうのもいいものです♪

でもパーマ30分、 OAU1時間半ってちょっとしんどかったわ(^-^;
OAUも良くって楽しめたんだけど、友人が「椅子だったら行ったんだけど」って言っていた意味がわかった気がする。
あれは野外でゆったりお酒を飲みながら聴きたい音だよねぇ~。
OAUは初めて聴いたんだけど、感想を少し書くならばとっても気持ちのいい音でした。
私は多分、あんまり完成されすぎた音は好きではないのよね。
そしてキレイすぎるだけのメロディも好まない。
だからって聴くに耐えないくらいに下手なのは問題外よ!!
OAUの演奏はとにかく素晴らしくて美しかったりするんだけど、どこかに人間臭さや抜け感があってスッって楽しめたり馴染めたりする気がした。
やっぱりトシロウさんの存在が大きいのかもしれないけどね。
何にも考えなくても心に溶け込む音なんだけど、ちゃんとその音を聴いた意味を心に残す音だった。
ただ気持ちがいいだけではない、大人な音だったよ。
今度は座って、また聴いてみたいな。

 

 後方でまったりと聴いていたのでそんなに感じなかったんだけれど、出てきた途端に田中さんが「うわっ、アウェーだ」って言った。
OAUファンがほとんどだから、もちろんそうなんだけど。
でも「アウェーなのは慣れてます!!」なんて、逆にそれを楽しんでいる感じが田中さんらしい(笑)。
セトリはSAKAEとほぼ一緒で聴きたい曲が聴けた。
久しぶりにパーマで観たけど、バンドよりもストレートに響く歌がバインとはまた違った空気で心地よい♪
私『Colors』と『遠くの君へ』が聴きたかったんだぁ。
『Colors』はね、白にうっすらと淡い色がにじんでいくように心に沁みていった。
‘やっぱりこの曲が好きだなぁ’って、心でつぶやきながら聴いた。
『遠くの君へ』も良かった。
この曲は、当時の私の中では『永遠の隙間』とセットになっていて、‘そういえば『永遠~』は全然聴いてないなぁ’なんて、何だか昔を思いながら懐かしく聴いた。
そして私は『それを魔法と呼ぶのなら』も大好きなのだ(* ̄ー ̄*)
優しさに包まれた歌声だったな。
それでいて‘自分で歩いていきなさい’と、どこか少しだけ突き放したような過保護ではない優しさなのだ。
甘えすぎずに酔わされた感じかな(*^.^*)

<セットリスト>
1.真昼の子供たち
2.また始まるために
3.Colors
4.小宇宙
5.遠くの君へ
6.それを魔法と呼ぶのなら

それにしても短すぎる!!
SAKAEみたいなイベントなら仕方がないけど、今回なんて2組しか出てないんだし(-ε-)
OAUの持ち時間が長いのは良しとしても、映像25分をせめて15分くらいにしてあと2曲くらい歌わせてあげてほしかったな(ρ_;)

|

« ワ・リ・コ・ミ@GACHI 浜崎貴司vs.山田将司(THE BACK HORN)@渋谷duo MUSIC EXCHANGE | トップページ | yuji nakada presents「SONG COMPOSITE 2011」@横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール »