« Peridots "Echoes & Walls" 2011@座・高円寺2 2日目 | トップページ | GRAPEVINE tour 2011@仙台Rensa »

2011年7月 5日 (火)

「君と僕と熱い夏と」 @音霊 OTODAMA SEA STUDIO


毎年恒例になりつつある、音霊に行って来た!!
今年の大石くんはOKコンビとしての出演です。

やっぱり海はいいねぇ~♪
まだ太陽が眩しい頃と、日の暮れかかった時間。

大石くんは只今制作中なので、何ヶ月ぶりかのライブ。
なんだけどねぇ~ε-( ̄ヘ ̄)┌
う~ん、私が人生の中で観てきたライブで一番ひどかったかもしれない(苦笑)
短い持ち時間なのに「ノープランで自由に楽しくやります」ってツイッターでつぶやいていた時から心配していたんだけどね。
大石くん一人ならそれもありだと思うんだけど、OKの時には危険よね(^-^;

夕日の沈みかける頃で、波音もざぶんってかなり近くなって雰囲気を添えていたんだけどね。
大石くんの出番は2曲目に『ほのかてらす』を歌ったのみでほぼ終了~な感じでした。
あとは小林くんのオンステージだったから(;´▽`A``
いやぁ、今日の小林くんは病んでいた。
いつもは感動してしまう『光にあわせて』のキレも全然なかったし。
即興コーナーの意味不明なラップの歌詞も、ずいぶん迷走してたもんなぁ。
大石くんもどう収集しようか困ってたもんね。
ステージの上でとにかくニコッって笑顔を作ってギターを弾いていた。
そして必死で「こんな自由な感じの彼だけど、僕は彼の才能を尊敬していつも相談したりしています」って、フォローしていた。
確かに小林くんの才能はすごいのよ。
良い時のライブなんて、鳥肌が立つほどに圧倒的で泣かずにはいられないもの。
でも調子が出ない時とのギャップがありすぎで、ハラハラするのもホント。
自宅や公園で二人で歌っている時にはありなんだろうけど、そこはプロだからね。
ステージに上がったら、どんな時にも何とかしなくてはいけません!!
今日のライブはとってももったいなかったなぁ・・・
たくさんの人が出演しているイベントだから、いつもとは違った観客がいるのにね。
そこでいつもの素晴らしいライブが出来たら次に繋がるのになぁ、って。
私は良いライブも知っているから許せるけれど、初めて観た人は「もう絶対に観ない!!」って思うよね、きっと。
かなり点数の甘い私だって、あれはないと思うもの。

大石くんに関しては、本当に良いも悪いもないの。
あまりに出番がなさすぎたから。
そしてステージ上で、今日はダメだって反省していたのがわかったから。
仲が良いのはいいけれど、最近プライベートでも仕事でもあまりに小林くんと一緒にいる印象があるからどうなのかなぁ・・・とも不安に思う。
刺激したり競い合ったりするのはプラスになるけれど、なあなあに楽しくやるのはプロとしてはマイナスな気もするし。
今回のことで幻滅したわけではないけれど、もうしばらくOKはいいかなぁ。
少し離れて距離を置いたら、またOKの魅力も個人の魅力もきっと増すのにね。

書く必要もないセットリストだけど・・・
<セットリスト>
1.光にあわせて(小林亮三)
2.ほのかてらす(大石昌良)
3.即興コーナー(ほぼ小林くん)
4.今日のために書いたという新曲(小林亮三)

新曲もいい曲だったのに、なんだか全然良さが伝わらなくて残念。

ライブが終わって外に出たら、厚い雲の陰から幻想的な三日月が浮かんでいた。
星もきれいに見えたし、ライブじゃないと海にも来ないので初夏の一日を楽しんだので良しとする♪
来年もこの海に来たいので、今日に懲りずにまた呼んでもらえるといいね。
そしたら今度は、大石昌良一人でのステージが観たいなぁo(*^▽^*)o

|

« Peridots "Echoes & Walls" 2011@座・高円寺2 2日目 | トップページ | GRAPEVINE tour 2011@仙台Rensa »