2011年2月28日 (月)

the pillows HORN AGAIN TOUR@新木場 STUDIO COAST


昼には雪も降って、夕方にもかなり強い雨。
行くのめんどくさいなぁ、やめちゃおうかなぁ…なんて思いながらも出かけたピロウズライブ。
いやぁ、もう最高に楽しかった!!
「やっぱりライブはいいね」って、心から思った。
今年に入ってからライブが少なめで、なんとなくつまんなくて鬱々した気分だったんですよ。
MCでさわおさんも似たようなこと言ってたっけ?
「すごくネガティブな気分で、インタビューなんかでもそんな気持ちをぶちまけていたから、ツアーが始まったらどうなっちゃうんだろうなって。どんな気分で迎えるんだろうって思っていた。でもそんなの初日の水戸のステージに立ってほんの数分でどこかに消えた」って話していた。
「やっぱりライブはいいね」って。
「たくさんの人に求められているって感じられるステージが最高!!」って、言っていた。
思わず‘うんうん’って、何度もうなずいてしまいましたよ。
そんな何かを吹き飛ばすようなライブでした。
でも頭の中はわりと空っぽで、何にも考えていなくてね。
ただ心と体で感じた、一番シンプルで健康的なライブの楽しみ方。
2月の最後にしてやっと、今年のスタートが切れたような気がしました。

続きを読む "the pillows HORN AGAIN TOUR@新木場 STUDIO COAST"

|

2010年11月18日 (木)

QUATTRO MIRAGE VOL.1~ROCK'NROLL ADDICTION~powerd by TOWER RECORDS SHIBUYA 15th ANNIVERSARY the pillows×LOVE LOVE LOVE@渋谷CLUB QUATTRO

Love Love Loveが先。
初めて観て聴くのだが、まだまだ若手な3ピース。
ピロウズファンだそうで「ピロウズの曲をやります」と言って、『スワンキーストリート』のカバーをやる。
今日の会場、ほとんどがピロファンの前で、本人たちの前でやるなんて、なかなかチャレンジャーだなぁなんて思いながら聴く。
彼らの演奏は多分うまい方なんだと思うけど、ピロウズの曲に限らずボーカルの声が弱い。
歌も下手ではないけれど、声質が一般的で特徴に欠けるからつい聴き流してしまいがちになる。
やっぱりピロウズの曲はさわおさんが歌ってこそのものだった。
全然別の曲に聴こえてしまったから不思議だ。

ピロウズの出番。
今日はイベント定番曲ではなく、かなり初期の曲を交えて歌っていた。
なので、ちょっとわからないものもある。
終わった後に周りにいた人が『カーニバル』が聴けてよかった」「『パトリシア』を初めて聴けた!!」と興奮気味に話しているのが印象的だった。
一段上がったところで、暴れることなくゆったりと聴いた今日。
彼らの曲は知っていても知らなくても、なぜか私の郷愁を呼び起こす。
同世代だからだろうか?
昔の曲にはおそらくその当時に彼らが見ていたであろう景色が、最近の曲には今の年齢になった彼らのこめた心情が、意識せずともあまりに自然に胸の奥に入り込むのだ。
「ああ」
思わずそんな感嘆の声がもれてしまう。
そして、何だかくすぐったくもあるような思いが心に充満する。
「LOVE LOVE LOVEにちなんで、今日は甘くラブソングが多めです」なんてさわおさんが言っていたけれど、まさにそんなスイートさを味わった気がしたライブだった。

続きを読む " QUATTRO MIRAGE VOL.1~ROCK'NROLL ADDICTION~powerd by TOWER RECORDS SHIBUYA 15th ANNIVERSARY the pillows×LOVE LOVE LOVE@渋谷CLUB QUATTRO"

|

2010年6月26日 (土)

TRAICERATOPS2010年全国ツアー「Neo Neo Mods 2010」@新木場STUDIO COAST


トライセラのツアーファイナルに行ってきました。
最近はツアーのたびにどこか1本は参加しているのだけれど、私的に一番何かを感じて、何かをもらったライブだった気がしました。
セットリストもよかったぁー。
ライブの感想はまた後程。
セトリはよそからもらってきたけど、合っているのかな?
‘ちょっと違うんじゃない?’って思ったトコ、手直しもしちゃったから自信なし(^-^;

<セットリスト>
01.Two Chairs
02.MASCARA & MASCARAS
03.I GO WILD
04.Warp
05.VERTIGO
06.if
07.Happy Sadly Mountain
08.CanとCan'tのパスポート
09.Fly Away
10.ロケットに乗って
-Blues Session-
11.Neo Neo Mods
12.僕らの一歩
13.Rain
14.1000 LOVE
15.Raspberry
16.FUTURE FOLDER
EN.1
17.MADE IN LOVE
18.赤いゴーカート
EN.2
-You Are Not Alone(Instrumental@和田唱)-
19.彼女のシニヨン

|

2010年1月20日 (水)

the pillows OOPARTS TOUR@SHIBUYA-AX

今年の初ライブは、ピロウズでした。
とりあえずセトリのみ。

<セットリスト>
01.Dance with God
02.Biscuit Hammer
03.ROCK'N'ROLL SINNERS
04.YOUR ORDER
05.FOXES
06.Lemon Drops
07.Melody
08.Kim deal
09.Rodeo star mate
10.TERMINAL HEAVEN'S ROCK
11.Curly Rudy
12.Sleepy Head
13.like a lovesong (back to back)
14.Johnny strobe
15.Beyond the moon
16.LIFE SIZE LIFE
17.Primer Beat
18.この世の果てまで
19.No Surrender
EN.1
20.雨上がりに見た幻
21.TRIP DANCER
EN.2
22.Midnight Down
23.No substance

|

2009年11月29日 (日)

TRICERATOPS 『3000WATTS TOUR 2009』@横浜ベイホール


トライセラツアーの初日、友人に誘われて行って来ました♪
そんなにたくさん音源を聴いているわけでもないし、熱いファンなわけでもないのに毎回この人たちのライブは凄いと感じる。
楽しく踊って、だけど濃厚で・・・
その音がカッコイイと何度も思った。
間違えてやり直すとこだって絵になってしまう。
「何年も会っていなかった友人に久しぶりにあった感覚」だと、一緒に行った友人が言っていた。
だけどなんの距離感もなく「おおっ!!」って馴染める親しさがトライセラだと。

続きを読む "TRICERATOPS 『3000WATTS TOUR 2009』@横浜ベイホール"

|

2009年10月 3日 (土)

夢の沖縄 1


「時間も気にせず、ゆる~い感じでやりますので」って、ご挨拶。
昼間のビーチですっかり打ち解けて、参加のみんなと彼との距離もとっても縮まっていましたからねぇ。
本当に和やかで、ゆったりとしたアットホームな雰囲気の中で行われたライブです。
だけど、ライブはすごいんだなぁ、これが♪
それにしても40人弱で貸切って、かなり贅沢な空間でした。

続きを読む "夢の沖縄 1"

|

2009年9月16日 (水)

the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 06 “LOSTMAN GO TO BUDOKAN”@日本武道館


2009年9月16日、水曜日。
20年分の思いが詰まったステージ。
私がこれまでに観たどの武道館のライブよりも輝いていた。
10周年のバックホーンも最前列で観たポルノも、ファイナルのsyrupも、今日のライブには勝てない。
今日という日に意味のある武道館。
それは1989年9月16日にスタートしたピロウズの、今日が満20歳のお誕生日だから。

「ずっと音楽業界の隅の方で、流行らない音を鳴らしていた。20年経って、このステージに立った俺達は何かを成し遂げましたか?」

またまだこの先の未来へと、ずっと続いていくステージが嬉しい。

「20年経って肉体は衰えていく。だけど音楽は、心は衰えない。まだ今も俺の心のなかには小さな宇宙があって…その小さな宇宙に今も光が射し込む。その射し込まれた光は君たちだ!」って、瞳に涙を溜めて『ストレンジカメレオン』の前に言ったさわおさんの言葉に胸がいっぱいになる。

もともと団結力のあるピロウズファン。
あの大きな会場が一つになるのはスゴイんですよ。

「次はもっと小さな会場で遊ぼうぜ」

カッコよすぎる。

その歌に、その言葉に、20年の人生の全てが込められているように感じられて泣きました。

いいライブだったなぁ。
決して良い席ではなかったけれど、そんなことは全く気にならなかった。
この場所にいられた事が幸せでした。

「今朝目が覚めたら、20年が経っていました。目が覚めたはずなのに、まだ夢の中にいます。」
これ、一番最初にさわおさんが言った言葉。

「盛大なお誕生会をありがとう」
「サンキュー、バスターズ。アイラブ、バスターズ。」
バスターくん。

続きを読む "the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 06 “LOSTMAN GO TO BUDOKAN”@日本武道館"

|

2009年8月31日 (月)

TRICERATOPS WILD SUMMER TOUR 2009 追加公演@Shibuya O-East



「台風のかわりにトライセラトップスが渋谷に上陸!!」

ノリノリに踊ったぁ~!!
楽しくて楽しくて仕方がなかった。
なーんのモヤモヤも残らない、これこそトライセラ。
もう、何の言葉もいらないくらいに楽しかったです!!

友人の影響もあって、トライセラの最近のツアーはかかざずどこか1本は参加しているんですが、今回は日程の関係もあって追加公演。
友人に「じゃあ、次に会うのは8月末だね」って前回会ったときに言われて、「えっ、なんで?」って答えた私。
「トライセラだよー。」
「あっ、ごめん、忘れてた。」
で、今日はさすがに覚えていたのよ。
友人から朝、「今日だけど大丈夫?」ってメールあり。
「もちろん大丈夫だよ」って返信したけど、どうやら今度は友人が忘れていたらしい。
「実は、昨日の夜に思い出した」そうでして・・・
そんな扱いのトライセラなんですけどね、ライブに行っちゃうと毎回すごいんですよ。
「なんでもっとたくさん行っておかなかったんだろうね?」って二人で首を傾げる(笑)

続きを読む "TRICERATOPS WILD SUMMER TOUR 2009 追加公演@Shibuya O-East"

|

2009年6月25日 (木)

月と太陽

今日は、大好きなボーカルさんの出演しているライブを観に行ってきました。
ボーカルは女性の方で、二部編成で二組が演奏します。
私のお目当ては一部の方だったのですが、もうどっちがどっちって分けることなんかできないくらいに素敵な色に混ざり合って、溶け合って、お互いの魅力をそれぞれが引き出す感じのステージになっていました。

その彼女のステージでは、おもわず涙がポロリとこぼれちゃいました。
だって、艶っぽくてとっても切なかったりする曲があるんですよ。
彼女の声が、大好きです。
まっすぐに伸びていて、凛としている、強さと優しさを秘めた声。
そしてね、メロディや歌詞に私の大好きな世界が広がっています。
普段感じている自然たち、山や空や海がたくさん出て来る。
私がこれまでに意識しなかったようなもの、今日でいうと『灯台』ね。
でもそれを見たら‘私もきっとこう感じるんだろうなぁ’っていうイメージが、歌と共に私の頭の中に浮かんでくるんです。
知っている曲も、知らない曲も、絵本を見ているかのように、私の心に話しかけてくる。
そして語りかけてくる色がね、とってもキレイで鮮やかなんですよ。

今日のライブのタイトルに、『月と太陽』が出てくるんです。
二部に出演された方の曲に、そういう歌詞のものがあるんですって。
お目当ての彼女のほうが、太陽のイメージ。
二部の方が月のイメージ。
って、本人達が言っていました。
よく考えれば確かにそうなんですけどね、私は最初逆だと思っていたんです。
二部の方をよく知らなかったのもあるんだけど、お目当ての彼女はなんだか神秘的な女神のような印象があったから。
でも、まっすぐにお日様を浴びたひまわりのような眩しさもある。

でね、アンコールで、このお二人がステージに上がって、月のイメージの彼女がピアノを弾いて、お目当ての彼女が歌ったの。
タイトルは、『おやすみ』。
眠りにつくための曲だから、本当は月や星空が見えるはずなんだけど、私には朱色に染まった海に沈んでいく太陽が見えたんですよ。
何度も‘違う、違う’って思いなおしても、やっぱりそこには優しく『おやすみ』をいう、水平線の太陽の姿がありました。

『月と太陽』
お互いにいろいろな顔をもつ。
お目当ての彼女はやっぱり太陽だったのだけれどね。
朝日のような清々しさや、日中には眩しいほどの日差しを放ち、夕方に、まだ熱でほてった温度を‘ジュッ’って海で冷やしてから「おやすみ」を言う太陽。
そんな全ての要素が、今日のステージで感じられたような気がしました。

大好きなピアニストさんも演奏していたのだけれど、今日は彼女の歌に引き込まれすぎてしまったので、あんまり印象に残っていません。
また今度、違うステージで、たくさん酔わせてもらいましょう♪

ホントは長い時間だったはずなのに、あっという間のステージでした。
まだまだ聴きたい、感じたい、そんな彼女の歌でした。

|

2009年6月 8日 (月)

ジャイアンナイトfeat.FUNNY BUNNY@CLUB CITTA’

旦那様の出張中、‘何かライブはないかな?’って検索していて見つけた公演。
先日大感動したピロウズも出るし、トライセラの和田くんが一人で弾き語っちゃうなんてレアだもん♪
あっ、このイベント、芸人のダイノジさんが主催なので、最初と最後とセットチェンジの合間に吉本のお笑い芸人さんがたくさん登場します。
はい、私は当然のごとくに失笑。
ホントお笑いは苦手だわー。
この日は18時開場、18時30分の開演だったのね。
だから時間通りに行ったら、19時過ぎまでお笑いコーナーだったの。
早く終ってくれ~って、足痛いよーって思ってましたから(^-^;
唯一、最後の方で世界チャンピオンになったエアーギターの披露だけは楽しめたけどねぇ。

どちらかというと、ピロウズに期待大だった私ですが、この日の軍配は間違いなく和田くん!!
弾き語りのアコギであそこまで盛り上げられるのもすごいし、いつも以上に身近に感じられる甘くて透明な歌声にメロメロでした♪
セットリストも私の好きな曲ばっかりだったぁ~(≧∇≦)

そうそう、全然話題には出てきませんが、イベントにはGOING UNDER GROUNDも出ています。
私が興味がないだけで、演奏もよかったしかなり人気もあったんですけどねぇ。

<出演者>※出演順
GOING UNDER GROUND
和田 唱(TRICERATOPS)
the pillows


続きのレポは和田くんのみです。

続きを読む "ジャイアンナイトfeat.FUNNY BUNNY@CLUB CITTA’"

|

より以前の記事一覧