2011年7月 5日 (火)

「君と僕と熱い夏と」 @音霊 OTODAMA SEA STUDIO


毎年恒例になりつつある、音霊に行って来た!!
今年の大石くんはOKコンビとしての出演です。

やっぱり海はいいねぇ~♪
まだ太陽が眩しい頃と、日の暮れかかった時間。

続きを読む "「君と僕と熱い夏と」 @音霊 OTODAMA SEA STUDIO"

|

2011年4月17日 (日)

東日本大震災チャリティライブ「ひとつになろう日本」 @ ポニーキャニオン1Fイベントスペース

自分の曲はあんまり歌わないかも?なんて感じでしたが、急遽決まったチャリティイベントに行ってきました。
城南海ちゃんのファンが一番多かったのかな?
バリトン歌手の平林さんファンのおばさまもいらしたし、誰のファンかわからないけれど、とても品の良い感じのおじいさんやおばあさんも来ていました。
かなり年齢層が高めで、不思議な雰囲気の会場でした。
こっちまで身動きできないような緊張感もあったかな(;´▽`A``
金髪にしたばかりでアウェー感のある大石くんでしたが、なかなか頑張っていましたよ。
「金髪が言うなって感じですけどね」って、自分でフォロー入れてみたりして(笑)
震災復興イベントだから、曲目やトークもそれにあったものだったんだけれどね。
ちゃんと大石くんの誠実さや温かさが伝わっていたように思います。

出演:アンサンブル・プラネタ、平林龍、大石昌良、城南海(出演順)
MC:Daisy×Daisy

続きを読む "東日本大震災チャリティライブ「ひとつになろう日本」 @ ポニーキャニオン1Fイベントスペース"

|

2011年4月15日 (金)

OKコンビ 「うちうのともだちツアー」@渋谷duo MUSIC EXCHANGE


OKコンビのツアーファイナル、渋谷でのステージはたくさん笑って来ましたよ。
私の心ってわかりやすい(笑)
着地点に到達したら、すっかり元の機能を取り戻してる。
面白かったなぁ、気持ちよかったなー。
そしてやっぱりホロッっとさせられちゃうシーンもありました。
笑いや感動と、緩さのメーターが全てに振り切れている感じがしました。
でもそれが、彼らがふたりになった時の魅力だよね。

続きを読む "OKコンビ 「うちうのともだちツアー」@渋谷duo MUSIC EXCHANGE"

|

2011年4月 7日 (木)

OKコンビ 「うちうのともだちツアー」@大阪umeda AKASO


富山に逃避行したあと、すっかり元気を取り戻していた。
普通に出掛けて、普通に笑えていると思っていたんだ。
わりと帰って来てすぐだったから、‘行かなくてもいいかなぁ’とさえも思った。
でもね、大阪に着いたら、まだ東京は普通じゃないんだってわかった。
頑張って、普通でいようと笑っているにすぎなかった。
笑い転げちゃうような、すごく楽しいライブだったんだよ。
決して泣いてしまうような場面はなかったはずなのに、なんだか言葉や歌詞たちがものすごく訴えかけてきて、考えさせられて泣いた。
心の奥は、まだ弱ったままだったんだな、私。
バインライブでもたくさん泣いているけれど、その時には地震のことも、明日の不安も苛立ちも何も感じてはいない。
潜在的にはもちろんあるんだろうけれど、ただ音と歌の世界に魅せられて流す涙なのだ。
なのに・・・
この日の大阪の空気が優しすぎたんだ。
大阪の、友人たちの瞳が温かすぎた。
言葉では何も言わずに、瞳の奥に思いやりといたわりがあった。

ステージから感じた痛みと光の瞬間が、シャッターを押したみたいに鮮明に心の画像として焼き付いている。
たまにこいうことがある。
何か憑き物が落ちたみたいに‘ああそうか’って、全てに納得して心が軽くなって道が拓けたように感じる瞬間。
癒された? 救われた?
うまく言葉にはできないけれど、間違いなく私はここから変われた気がした。

ライブが終わった帰り道。
友達2人が、並んでずっと手を振ってくれていた。
満面の笑みを浮かべて見送ってくれている姿にキュンとして、なんだかとっても別れがたかったんだ。

続きを読む "OKコンビ 「うちうのともだちツアー」@大阪umeda AKASO"

|

2011年3月26日 (土)

同ジ月ヲ見テイル @ 青山・月見ル君想フ


自分たちには歌うことしかできないと、小林くんの呼びかけで急遽決まった震災復興のためのライブ。
出演者は、小林亮三/大石昌良/A.D.O.(from SUNABA)/生熊耕治(g) /中村泰造(b)/大北公登(ds)/長崎真吾(g)/豊田稔(per)/庸蔵(sax)。
1週間くらい前に決まったにもかかわらず、すぐにSOLD OUTした。
少しだけびっくりしたんだけれど、この出演者クレジットの意味に私は当日まで全く気がつかずにいた。

出演順は、A.D.O.(from SUNABA)、大石昌良、小林亮三。
他の人は全てのサポートに出たり入ったりするかたち。
みんな小林くんのお友達らしいのだけれど、サポートで入る人たちは、長崎さん、豊田さん、庸蔵さん以外は全員元cuneのメンバーなんだそう。
もう2年以上も活動休止中のcune。
ファンはこのメンバーを観たら、やっぱり期待しちゃうよね。
私はそこまでcuneのファンではなかったし、知っている曲よりも知らない曲の方が多いのだけれど、こんな時だからこその熱いものをたくさんもらった気がしたな。

続きを読む "同ジ月ヲ見テイル @ 青山・月見ル君想フ"

|

2011年2月11日 (金)

齋藤勇二アワー“歌ってイイ友!!”@代官山 晴れたら空に豆まいて


齋藤先生の主催だから、ゆる~い感じで曲よりもトーク多め(笑)。
齋藤さんが、全出演者とともにトークとベース演奏に参加するスタイルのイベント。

大石くんとの1曲目の『ほのか~』は、齋藤さんと初めて一緒に演奏した曲とか言ってたかな?
「いや、そういえばこれより前に『黄金レシピ』も大石の部屋で弾いたよね?」なんて自宅にいるような会話。
カバー曲はテーマがあってこの曲になったらしいんだけど、このテーマが結構曖昧だったので忘れちゃった、私(;´▽`A``
でもやっぱり、自分のものにしている印象の大石くんのカバーです。
いつもの演出の小さな恋のメロディの後で、ラストの『カブライダー』の歌声が、ものすごーくのびのびと自由な気がしてハッとしました。

<セットリスト>
1.ほのかてらす
2.黄金レシピ
3.今夜はブギー・バック (カバー)
4.小さな恋のメロディ
5.カブライダー

大石くんの歌は静かにゆったりと聴きたい派の私だけれど、今日のイベントは楽しかったo(*^▽^*)o
もう最初からトークに徹しているから、何が飛び出してもありだもの。
今日の大石名言は『フェミニン』でした♪

|

2011年2月 6日 (日)

sacra Tour 2011「Live Rubato」@shibuya O-Crest


バイオリニストのたまきあやさんと2人での編成。
大石くんの歌はシンプルな音で聴くのがやっぱり好き。
今日の私のポイントは『ダイヤモンド』と『幻想アンダーグランド』。
ダイヤモンドは多分、他の曲よりも聴きなれていないから新鮮なんだよね。
そして『幻想~』は、何度聴いても名曲だと思う。

ツアータイトルの『Rubato』には‘盗む’という意味があるんですって。
なのでsacraとお互いの曲を1曲づつカバーしあう。
大石くんは他人の歌も、いつも自分の曲のように歌ってしまう。
さすがだなぁ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
新曲はバラード・・・でもまだ制作途中な感じがしたな。

<セットリスト>
01.カブライダー
02.ダイヤモンド
03.ユートピア
04.蜃気楼ラプソディ
05.25万マイル
06.黄金レシピ
07.イエスタディ(sacraの曲)
08.幻想アンダーグランド
09.小さな恋のメロディ
10.さよならパレード
11.新曲

sacraは大石くんの『ほのかてらす』をRubatoした。
もうね、笑っちゃうほど別の曲になってました(^-^;
なんか歌詞も面白く変わってるし・・・
歌う人によってこんなに違うのねって、ちょっと勉強になりました。

|

2010年12月22日 (水)

大石昌良ツアー@名古屋ボトムライン


ツアーファイナル。
大阪が熱い夜だったならば、ここ名古屋は静かに心寄り添うそんな夜でした。

続きを読む "大石昌良ツアー@名古屋ボトムライン"

|

2010年12月21日 (火)

大石昌良ツアー@心斎橋Music Club JANUS


やっぱり関西はすごいね。
‘神戸の方がレア感がいっぱいなのかな?’なんて、行けなかったからちょっと残念に思っていたんだけど、どうやらこの心斎橋がいちばん熱かったらしい。
渋谷で気になったピアノの演奏もすごく良くなっていた。
パーカッションのヤマサキさんは、サウスケ時代のプロデューサーさんだそうで、この日はしきりに昔の曲を演奏させようとする。
バイオリニストさんも、昔からのお付き合いなのでそれを後押し。
ヤマサキさん、演奏はなかなかなんだけど、突っ込みや絡みがやりすぎてしつこいところがあるのが玉にキズ。
でもいつぞやのあの人に比べれば、ぜーんぜん許せる範囲なので気にならずに聴けました。
そして今日に関して言えば、そのしつこい絡みがあったがゆえに引き出されたあんな曲やこんな曲。

続きを読む "大石昌良ツアー@心斎橋Music Club JANUS"

|

2010年12月16日 (木)

大石昌良ツアー@渋谷duo MUSIC EXCHANGE


バイオリニストのたまきあやさん、パーカッションにヤマサキテツヤさん、ピアノ・キーボードに縄田寿志さんのサポートの元に行われたアコースティックライブ。
初日だからまだちょっとだけどこかぎこちない感じもあったけど、新鮮でなかなか良いです。
バイオリンの音は圧巻、パーカッションもプロだなぁーって満足の音。
ピアノはソロの前奏などに危うく感じるところもあったけど、まずまずの合格点でした。
全体的にゆったりと聴ける大人な雰囲気のライブでよかったな。
新曲もあり、涙あり笑いありの盛りだくさん。
でもやっぱりラストの『ほのかてらす』に一番感動した今日でした。

続きにセットリストのみ。

続きを読む "大石昌良ツアー@渋谷duo MUSIC EXCHANGE"

|

より以前の記事一覧