2011年6月28日 (火)

Peridots "Echoes & Walls" 2011@座・高円寺2 2日目

今日のペリは良かったぁ~。
ペリのライブはこうでなくっちゃ!!っていう、終わったあとのすっきりとした余韻。
後方から、全体を見下ろすように観えたステージ。
気持ちよいほどに広がっていく声を感じる。
この距離感で観ると、昨日眠くなってしまった照明の暗さも納得できる。
なんかね、プラネタリウムみたいだなって思った。
ペリを例えるならば、間違いなく月だ。
そしてその声は、生きているという存在を照らしてくれる星なのかもしれない。

彼の歌声は浄化される感じではあるが、決して透明ではない。
日常や生活の汚いところも映し出す。
“生きているっていうのはこういうことだ”と、歌っている気がした。
何度も心臓を鷲掴みにされたように思った場面があった。
‘心臓の音が聴こえるような歌だな’って、ずっと思いながら聴いた。
苦しいことや辛いこともあるけど、楽しいことや嬉しいこともあると歌っている。
だからきっと自然に涙がこぼれるのだ。
彼の歌は決して無条件には救ってはくれない。
足元を確認させて、空を見上げさせてくれるだけだ。
たくさん流した涙が嘘のように、ライブ後にはまたすぐに生活が始まる。
だけど少しだけ、心が軽くなったような気がする。
‘生きているっていいな’って、そう思いながら帰るのだ。

続きを読む "Peridots "Echoes & Walls" 2011@座・高円寺2 2日目"

|

2011年6月27日 (月)

Peridots "Echoes & Walls" 2011@座・高円寺2 1日目

最近のぺリは売り切れることもあったから、先行でチケットを取ったら全席指定の前の方。
そしてちょっと端だから見上げる感じになって首が痛い。
すごくいいライブだったのに、甘いラブストーリーの映画を最前列の映画館で観てしまった感じで、いまいち集中力に欠ける(苦笑)。
う~ん、何とももったいない。
それでも中盤からはウルッとされられたんだけど。
やっぱりぺリは後方真ん中あたりで観たいなぁ。
そしてさらに私、なぜか前半で眠くなるという失態!!
今日はグランドピアノとアコギスタイルだったんだけど、最初はギター1本弾き語り。
照明も高橋さんを照らすひとつの明かりのみで7曲くらいまで変わらない。
だから結構暗くて、ゆったり椅子席がかえって災いして、途中で何度か意識が飛びそうになった(汗)。
それでもすごいよね。
そんな状態の私を、涙させるところまでもっていく高橋さん。
『Nothing Is Coming 』からピアノも入って、私の目も覚めた(^-^;
『eyes』『リアカー』『どこへ』など、王道だけど自然と涙がこぼれた。
アンコールもよかった。

MCでは、『仁』の最終回で号泣した話。
「涙腺はかなりきつい人なのに、自分でも驚いた」というようなことを言っていた。
「今風の言葉でいうと、綾瀬はるかがヤバイ!!」らしい(笑)。
後は夏からまたレコーディングを初めてアルバムを作るそう。

そんなこんなで全然具体的にレポが書けない。
ぺリのワンマンは年に数本しかないので、このままでは消化不良だ。
行かない予定だったけど、当日券が出るみたいなので2日目の明日にリベンジしてくる!!

続きにセットリストのみ。
でも順番とか非常に自信がないので、間違っていたらごめんなさい。

続きを読む "Peridots "Echoes & Walls" 2011@座・高円寺2 1日目"

|

2011年5月25日 (水)

QUATTRO MIRAGE VOL.2 ~MORE ACTION, MORE HOPE.~powered by TOWER RECORDS PERIDOTS×小谷美紗子@渋谷CLUB QUATTRO

小谷美紗子さんとの対バン。
PERIDOTSが後。
「僕があとで申し訳ない」って言っていたけど、私的にはアンコールで『リアカー』が聴けたのでよかった。
いつもみたいに第一声で鳥肌が立ってしまうようなことはなかったけれど、やっぱり大好きな歌声だった。
でも今日はちょっとだけ、声に伸びが足りなかったかもなぁ・・・
だけどまた来月にワンマンもあるしね。
これまでのぺリは次にいつ聴けるのかわからないことが多かったから、こうやって先の予定があるのがとても嬉しい。

続きを読む "QUATTRO MIRAGE VOL.2 ~MORE ACTION, MORE HOPE.~powered by TOWER RECORDS PERIDOTS×小谷美紗子@渋谷CLUB QUATTRO"

|

2010年12月11日 (土)

PERIDOTS TOUR2010”MY MIND WANDERS”@shibuya WWW

この人は、朴訥として淡々と歌う。
なのにその歌声を聴くと…からっぽになる。
歌詞に心を寄せるのではなく、声そのものが世界を変えるのだ。

からっぽになった頭に、甦ってくるものがある。
蓋をして、気がつかないように思い出さないようにしていた世界。
開けられた蓋の下の穴を覗いて、そっと何かを取り出してくるかのような感覚。
初恋の思い出、過去の栄光、幸せのかたち、辛かった記憶etc.
それらを思い出すことによって、現在の自分を知る。
再び穴の中にしまわれて、戻ってくる日常。
追われて疲れて心が埋もれそうになった頃にまた、きっとその蓋の存在を思い出すのだ。

彼は多くを語らない。
不遇な時も弱音を吐かずに、ただじっと現在を見つめて歌ってきた。
淡々と、全てを受け入れる強さと包み込む優しさだけを持って歌う。
甘やかすのではなく、突き放して委ねるのだ。
だから心に痛いくらいに刺さる。

続きを読む "PERIDOTS TOUR2010”MY MIND WANDERS”@shibuya WWW"

|

2010年11月20日 (土)

peridots「MY MIND WANDERS」発売記念インストアイベント@タワーレコード新宿店7Fイベントスペース


この人の歌声は誰にも例えられなくて、他にある全てのものとは違った世界をつくる。
感動したり泣いたりする時にたいてい私は、懐かしい何かを思い出したりその景色を思い浮かべたりして心が震わされる。
だけど彼の歌声は、そうした記憶や情景を呼び起こしたりはしない。
「ああ、疲れたな」「さっきの店員はむかついたな」とか、「夕飯は何を食べようかな?」「帰りにケーキを買おう」とかetc.
ついさっきまで頭の中にあった雑念の、全てを溶かしてしまう。
そういつだって、彼の歌声を聴くと真っ白になった頭と透けるような心だけがそこにあるのがわかる。
そして知らぬ間に涙がこぼれているだ。

続きを読む "peridots「MY MIND WANDERS」発売記念インストアイベント@タワーレコード新宿店7Fイベントスペース"

|

2010年6月 5日 (土)

peridots Acoustic Live "Echoes & Walls"2010@Sibuya PLEASURE PLEASURE

今年の3月にオープンしたばかりの会場。
ものすごくきれいでオシャレでした。
元々映画館だったので、シートもふかふかドリンクホルダーだってついています。

ドリンクチケットで、スパークリングワインも飲めちゃいます。
それもガラスのグラス入り♪
アコースティック編成や弾き語りのライブには最適、快適ですよ。
立地も渋谷109の横でとっても便利だし、もっとみんなここを利用したらいいのにねo(*^▽^*)o

さて、そんな大人なゆったりとした会場で久しぶりのペリドッツ。
もうね、とにかくとにかく素晴らしかったです。
静かに、そっと静かにたくさんの涙がこぼれ落ちました。

続きを読む "peridots Acoustic Live "Echoes & Walls"2010@Sibuya PLEASURE PLEASURE"

|

2007年10月 7日 (日)

Peridpts『9月のソーダ』発売記念インストアライブ@タワーレコード渋谷B1『STAGE ONE』

Peridptsインストア。
高橋さんの歌は、優しい気持ちになれる。
すぅーって心に沁みこんで、じわって泣いちゃうこともあるんだけどね。
でも決して、暗い気持ちにはならないな。
いつもそこにちゃんと光が射しこんでいて、ちゃんと明日をみつめられる歌なのです。
泣いた後に自分を見つめなおして、考えてみて、そして一歩成長した気分になるのです。
その時は、考えている時は楽じゃないのよ。
だけどそこには包み込んでくれる優しさや、全てを許してくれる言葉があって・・・
だから救われるような、そんな気持ちになるのです。

今日の私は、笑顔で全曲を聴いた。
心が元々元気だったからね。
光がいっぱいの気持ちで聴いた。
楽しくってね、終わった後も笑顔で帰宅♪


お土産に貰った、サイン入り『9月のソーダ』の歌詞カード

続きを読む "Peridpts『9月のソーダ』発売記念インストアライブ@タワーレコード渋谷B1『STAGE ONE』"

|

2007年7月 8日 (日)

Peridots ワンマンライブ@SHIBUYA-AX

どちらかというと大阪の方がよかったかな?
‘やっとみんなに会えた、移籍のことを伝えられた’っていう、緊迫感と安堵感の空気が会場中を包んでいたから。
東京はもっとリラックスした感じで、前向きな‘動き出したぞ、進んでいくぞ!’って感じの雰囲気が漂っていた気がします。
だけどそこはしっかりぺリ。
後半ではやっぱり涙がこぼれてしまいました。
うん、また次も見たくなるそんな高橋さんの、Peridotsのライブでした。

続きを読む "Peridots ワンマンライブ@SHIBUYA-AX"

|

2007年6月30日 (土)

Peridots ワンマンライブ@大阪BIG CAT

ペリ最高!
久しぶりの号泣です。
この為だけに遠征して来たとしても、全く惜しくないライブでした。
ペリは昨年の東芝EMIからのデビューから色々あって、9月にユニバーサルシグマのアイランドレーベルに移籍してのシングルが発売になるそうです。
この告知を高橋さんがした時には、嬉しくて自然と涙がこぼれました。
とにかくね、自分の存在する意味や、過去や…そんな全てが肯定されたような、包み込まれるような魂のライブでした。

続きを読む "Peridots ワンマンライブ@大阪BIG CAT"

|

2007年3月 1日 (木)

peridots他、フジファブリック presents 倶楽部AKANEIRO@Zepp Tokyo

久しぶりのperidots。
フジのイベントだけど、ほとんどペリを目当てに行ってきました。
とにかくよかったです、ずっと号泣でした。
最初の声が発せられただけで、涙がぶわぁ~って込み上げてきました。
私はライブでいつも泣いていますが、ペリの時の涙はどのライブの時の感情とも違う気がします。
癒しとも違うんだなぁ・・・
もうペリにしか出せない歌声、心の奥の何かを見つけて、そっと包みこむその歌声。
何かね、‘そのままでいいんだよ’って救われて、自分を認めてくれたようなそんな感覚。
たくさん泣いて、自分の気持ちがリセットされました。
痛みを持っていることも、心が傷ついていることも、全部の自分をさらけだせるそんな強さをもらったようなライブでした。

出演順は
ハナレグミ
peridots
フジファブリック  でした。

そして続きは、ほとんどperidotsレポのみになっています。

続きを読む "peridots他、フジファブリック presents 倶楽部AKANEIRO@Zepp Tokyo"

|