2011年8月23日 (火)

LIQUIDROOM 7th ANNIVERSARY presents “UNDER THE INFLUENCE” 藍坊主/THE BACK HORN

ライブの日は休まないと、仕事が終わってからだと開場には間に合わない。
でも最近は少し大人になって、‘まあ開演に間に合えばいいかなぁ’なんて思っていたら、そんな時に限って番号がものすごく良かったりする。
最後まで早退できないかと調整してみたけれど、やっぱり無理だったので仕事を終えて慌てて駆けつけた。
せっかくの良番チケットは、友人と交換。
でもギリギリになってしまったので当日着の宅急便を利用したら、事故渋滞で到着が遅れてかなりハラハラさせられた( ̄Д ̄;;
先に入っている友人にどっちが先か教えてくれるように頼んでいたんだけれど、ピッチリとカーテンが閉まっていてわからなかったらしい。
でもなんとかチケットも無事に受け取り、会場内にもスタート5分前に到着。
中のロッカーが空いていて、荷物も入れられたのでWラッキー(* ̄ー ̄*)

バックホーンが先でもいいようにとスタンバイしたら、SEが鳴って藍坊主が先だとわかる。
急いできたから始まる前から汗だくで、息を整える暇が出来てよかった。
後方でそのままゆったり藍坊主を観た。
そして私の体力も戻ってきた頃に、バックホーンの出番になった。

続きを読む "LIQUIDROOM 7th ANNIVERSARY presents “UNDER THE INFLUENCE” 藍坊主/THE BACK HORN"

|

2011年7月23日 (土)

THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンライブ」~第二回夕焼け目撃者~@日比谷野外大音楽堂


ものすごく楽しみにしていた久しぶりのバックホーン野音。
数時間前からそわそわ、ドキドキ。
だけど不思議と“どうしてもこの曲が聴きたい!!”という過度な期待はなかった。
先日の京都大作戦で『涙がこぼれたら』を演ったらしいので、‘そろそろ私も聴きたいなぁ’って思ったくらいだ。
野音への特別な思いがあっての曲ではない。
逆にね、きっと空星やサニーはやるんだろうけど、そしたらあんまり7年前と変わらなくなっちゃうのかもなぁ…とも思っていた。
‘あの頃とおんなじ感動なのかなぁ?’とかね(苦笑)
でも実のところは、何でも良かったんだと思う。
昔の曲でも、現在の曲でも、マニアックな曲でも。
ただこの野音という空間で、バックホーンの音が聞けたらそれだけでよかった。

終わってみたら『ああ、やっぱり私の大好きなバックホーンだった』と心から思った。
決して同じになんてなるはずのない感動。
回帰ではない、前回の野音から今日までの分を詰め込んだような、今の彼らの野音だった。
号泣するような派手さはなかったかもしれない。
でも一緒に生きている気がした。
これからもずっと一緒に歩んでいくんだという実感を強く感じた。
他にも好きなアーティストはたくさんいるけれど、きっと私の心の聖域はバックホーンで出来ているんだろうなと、確信させてくれるようなライブだった。
7年前も、5年前も、今日も、そしてこの先の何年後かも・・・おそらくずっと彼らを好きな気持ちは変わらないままだ。
“今日より明日がいい日であるように・・・”
そんな山田の言葉のように、一日一日を積み重ねて生きていく。
そしてまた、新しい彼らに出会うんだ。
そしてまた、新しい自分を見つけて歩いていくんだ。

続きを読む "THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンライブ」~第二回夕焼け目撃者~@日比谷野外大音楽堂"

|

2011年6月 9日 (木)

ワ・リ・コ・ミ@GACHI 浜崎貴司vs.山田将司(THE BACK HORN)@渋谷duo MUSIC EXCHANGE


山田目当てで行ったんだけど、何よりこのイベント自体がすごかった!!
普通のイベントは対バン形式か、何らかのコンセプトがあってそれらしい曲を演奏するくらいでしょ?
でもこのイベント、なんかもう二人でひとつの出演者な感じなの。
こんなイベントのスタイルがあるんだなって、正直驚かされたくらいだった。
もともと面識のある人がゲストだというのもあるだろうけれど、「ライブ前に必ず1回は飲みに行く」って浜ちゃんが言っていたからね。
山田とは3回も飲みに行ったらしい(笑)。
そんな信頼感と緊張感の空気がうまく溶け合った雰囲気だった。
15分の休憩を含めてほぼ3時間のステージが、本当にあっという間に感じるくらいに引き込まれた。
そしてまた浜ちゃんと山田の声の相性がぴったりでね。
ぞわって鳥肌がたったり、涙ぐんだり笑ったりした。
ライブなのに朗読劇を観ているような気がしたんだよ。
ひとつひとつはバラバラなのに、最後にはちゃんと起承転結の形を見せてくれた気がした。
メンバーから離れて一人でステージに立った姿は、どこまでも照れ屋さんで真面目で硬派な山田だった。

続きを読む "ワ・リ・コ・ミ@GACHI 浜崎貴司vs.山田将司(THE BACK HORN)@渋谷duo MUSIC EXCHANGE"

|

2011年5月17日 (火)

音楽と人 presents 「生 !福島大逆襲」~ふくしまの夜明け。大復興スペシャル~@新宿LOFT/PLUS ONE


‘こんな時だから行かなきゃ!松から福島の話を聞かなきゃ!!’と思って、行って来た。
最初は金光さんと二人で、いつもみたいにゆるいトーク。
ツイッターの『まつだBOT』の話とか。
松ってば、「これ、うちの部屋が盗聴されてるの?」とか言ってた。
いや、違いますから(笑)
金光さんがスクリーンに映し出したPC画面の「UFOはロマンだ」の文字に、「だって俺、これ普通に家でつぶやいてる」ですって。
う~ん、相変わらず松の話は面白い( ´艸`)プププ
ほかにもいっぱい名言が飛び出したんだけど忘れてしまった。

続きを読む "音楽と人 presents 「生 !福島大逆襲」~ふくしまの夜明け。大復興スペシャル~@新宿LOFT/PLUS ONE"

|

2011年5月 5日 (木)

rockin’on presents JAPAN JAM 2011@幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール

 
JAPAN JAMに行ってきた!!
大人なメンツがそろった最終日。
バックホーンとトライセラが決まった時点で行こうと思った。
でもほかの方々も楽しかったよー。
朝一から全く休む暇のないタイムテーブル。

11:00~ 奥田民生×HIGE
よくわからないけど、なかなか良かった(笑)

12:30~ TRICERATOPS×藤井フミヤ
トライセラ、最高に楽しかった♪
フミヤのオーラが半端なくて、やっぱりスターは違う。
ワダショーとのセッションの時なんて、知らないうちにフミヤに目がいってしまう。
すっかりバックバンドにしか観えなかったワダショー、ごめんよー。
途中からなぜか民生も登場。
フミヤとワダショーでの居酒屋打ち合わせ中に、思いつきで(フミヤが)電話して出演交渉したらしい。
で、ワダショーはどこへ行っても愛されキャラだと感じる。
今回のセッションのためにワダショーが10分にも亘るデータを民生に送ったそうで、なんと最初の7分くらい延々にワダショーの解説だったそうだ。
それもトライセラ曲ではなく、民生の曲で!!
なんとも彼らしいなぁ(笑)
民生が「誰に対しても仕切れる男。この業界では珍しい。何かの時には頼ってください!!」って笑いながら言っていた。
フミヤも「データと曲は分けて送れよって言ったんですけどねぇ」って笑ってた。
あとね、3人のセッション中でもワダショーの大きな手の動作をみんなで真似たりして微笑ましかった。
そうそう、民生の出演順が早かったのは、子供ばんどのせいなんだって。
子供の日だから絶対にライブがあると思っていて「行きたいから早目の出番にしてください」って、わがままを言ったそう。
そしたらライブがなくって、予定がなくなっちゃったって(笑)
そして、その子供ばんどのおかげで、トライセラのステージにも登場できたりしたわけです。
でね、民生はこのあともまだまだ登場するのですよ( ̄ー+ ̄)

14:00~ THE BACK HORN×生形真一(Nothing’s Carved In Stone)、オオキノブオ(ACIDMAN)
後ほどレポを。

15:30~ 真心ブラザーズ×松たか子
松たか子の歌がよかった。
私、彼女の歌、好きなのです。
昔よくカラオケで歌ってました。
確か独身時代、ベストとか持ってた(笑)
そして昔よりもずっと歌唱力のある歌だった。
YO-KINGと彼女の共通点は「癒される」だなぁ(*^.^*)
で、ここでも民生が登場!!
「もう恥ずかしいやら、なにやら」って照れながらも、なんとも楽しそうに松たか子も含めて全員でセッションでした。

17:00~ 仲井戸麗市BAND×Cher
ここで休憩していたので、聴いていないの。
だって朝からずっと立ちっぱなしの休憩なし。
あっ、バックホーンの後のセットチャンジの間にビールを飲んだけど。
もう足が痛くて立ってられなかった(涙)
でも休憩しながら音漏れを聴いていたら、ここでも民生とトライセラが出た模様。
観ればよかったなぁ、なんてちょっと思った(´・ω・`)ショボーン

18:30~ ZAZEN BOYS×坂田明、近藤等則、七尾旅人
昔から何度もチャレンジするんだけど、イースタンとかザゼンとかは苦手。
演奏やメッセージがすごいのはわかるんだけど、どうも肌にあわないらしい。
疲れもあって、壁にもたれてちょっとウトウト(苦笑)。

20:00~ エレファントカシマシ×仲井戸“CHABO”麗市、 泉谷しげる
エレカシはフェスでしか観たことがないけど、好き。
CHABOさんの演奏もすごかったし、泉谷しげるもいい味を出していて笑顔になった。
室内なのに‘気持ちい~い’って、野外みたいな気分で聴いた。
もうね、最高に楽しかったフェスのラストがエレカシでよかったって大満足!!

続きにバックホーンのレポとセトリを。

続きを読む "rockin’on presents JAPAN JAM 2011@幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール"

|

2011年4月29日 (金)

THE BACK HORN KYO-MEIライブ in SENDAI@仙台CLUB JUNK BOX


公演の2週間くらい前に発表された、郡山・仙台・岩手のワンマンライブ。
それを知って思わずこぼれた第一声が、「この人たちは…すごいな」だった。
言葉にするとなんてたやすくて軽く感じるんだろうね。
すでに東北よりは比較的に被害の少なかった水戸でのライブはやっていた。
でもまだこの頃には余震が頻繁にあったし、あえて東北でライブをやる、それも今すぐにって行動したのは彼らくらいだ。
調べてみたら、仙台のこの日も他のバンドがキャンセルして空いたハコのスケジュールだった。
いつだって身を挺して、危険をかえりみずに戦っているように感じる彼ら。
彼らの歌う曲と同じ姿勢に、「すごいな」って言葉が漏れた。

この発表があった時、チケットの発売日にもまだ新幹線は仙台まで復旧していなかった。
私が行けるとしたら、この日しかなかったんだ。
GW初日の、復旧したばかりの新幹線で到着した仙台駅には多くの地元の人がショッピングをする姿があった。
駅の外壁は工事中だったけれど、普通の日常のように映った。
きっとすこし離れた場所に行ったなら、まだまだ想像もできないくらいに大変なのだろうけど・・・
それでも私は、TVで観た「自粛しようと思うより観光に来てください」っていう現地の人の言葉をたよりにここまで来た。
SOLD OUTの会場は、みんながバックホーンを求めていた。

続きを読む "THE BACK HORN KYO-MEIライブ in SENDAI@仙台CLUB JUNK BOX"

|

2011年4月21日 (木)

UNISON SQUARE GARDEN presents "fun time HOLIDAY 3"

もうね、待ちに待っていたんだよ。
今年初のバックホーン。
震災の影響で、行く予定だったバックホーンライブが2本中止になって、こんなことなら1月のイベントに行っておくんだったなぁ、とか思ったりした。
観られるときに観ておかないと、いつ何が起こるかわからない。
これまで以上にそう思って、今後の教訓となった。
今回のライブも、3月24日の振替公演。
当初私は同じイベントの仙台に行く予定だったので、東京公演のチケットは持っていなかった。
だけど仙台が中止になって、こんな時だからこそどうしてもバックホーンが必要だった。
なんとかチケットを譲ってもらえて、参加できた今日。

そんな気持ちで聴いた私の思いは、もうこのひと言に尽きる。

“彼らの歌に、言葉に嘘はない!!”

相変わらず多くは語らないけれど、ちゃんとその歌詞や演奏に心が宿っている。
キレイ事の言葉が氾濫している世の中で、真摯に届く音だった。
信頼して、心許せるもの。
ああ、これが私がバックホーンに求めて欲していたものなんだなって、ずっと思いながら聴いていた。
なんかね、山田の声がまっすぐすぎて、栄純の笑顔が温かすぎて、胸がいっぱいになった。
彼らは間違いなく彼らにしか出来ない方法で、何からも逃げることなく現在に立ち向かっている気がした。
己の危険も顧みずに誰よりも先を歩いて、私たちが迷わない場所まで先導してくれているようにさえ思えた。

続きを読む "UNISON SQUARE GARDEN presents "fun time HOLIDAY 3""

|

2010年12月20日 (月)

THE BACK HORN マニアックヘブンvol.5@新木場studio coast

 
今年もそんな時期になりました。
6回目のマニアックヘブン♪
全部に参加できているのがありがたいo(*^▽^*)o
会場が大きくなったので、お祭りムードに拍車をかける。

『マニアックヘブン』と書かれたノボリもたくさん。
今年は張り切って早めに行って、プレミアムギャラリーも普通のギャラリーも観ましたよ。
プレミアムギャラリーは、入ってすぐに5分位のミニシアターがあって、会報に載せられている栄純のマンガにメンバーが声をアテているんだけどね。
その某読みでちょっと恥ずかしそうな山田の声がかわいくってねぇ。
思わず萌え(*^.^*)
松の声にも笑えたぁー。
あとは栄純の髪型の変遷を、写真とヘアスタイリストさんのコメントつきで解説していたり。
でもあの山田の声を聞けただけで、もうプレミアムの価値は充分あった気がする♪
ギャラリーは、例年通りにあちこちに使われた原画や絵の展示。
でもこうしてみると、バックホーンのメンバーってホントに多彩な才能だなぁって思う。
今時全部メンバーたちでデザインしていたり、考えたりしているバンドってほとんどないよね?
そんなとこもバックホーンファンとしては、ちょっと自慢で誇らしかったりもする(* ̄ー ̄*)

さてさて、もうひとつのお楽しみのマニアックドリンク。
会場入り口のドリンクコーナーには、こんな素敵なオブジェもありました。

続きを読む "THE BACK HORN マニアックヘブンvol.5@新木場studio coast"

|

2010年12月 6日 (月)

THE BACK HORN 「KYO-MEIツアー」 ~アサイラム~@渋谷CLUB QUATTRO

「クアトロあたりでツアーファイナルがやりてえーなーって言っていたら、ホントになった」って、嬉しそうに光舟が言った。
「始まる前からいいライブになるんだろうなぁって思っていたら、本当に気持ちよくていいライブになっている」と興奮気味に何度も栄純が言った。

なんか私、ずっと夢の中にいるようだったんだ。
番号が遅かったので、全員が観えるちょっと下がった位置にいた。
メンバーが登場したその瞬間から、映画のクライマックスシーンのようにきらきらのスローモーションで彼らの姿が私の瞳に映る。
松のドラムを打つ表情、栄純の‘来い!’ってあおる視線、光舟の話した言葉、そして山田の清々しいくらいに穏やかな笑顔。
そのどれもが幻ではないかと思うほどに、眩しく尊く感じる。
あっという間の出来事だった。
はぐれた友人に「どこにいたの?」と言われる位にずぶ濡れだった。
誰とも接触しないくらいの場所にいたのに、ステージ上の彼らとともに今日のファイナルを過ごした証。
終わったあとに、一気に押し寄せてきた感動。
ツアーを共有した人の顔を見つけて、最高の笑顔で抱き合った。
まさにこの空間だったからこそに感じられた、何かがあった。
派手なダイバーも、過度に前を争う人もいなかった。
そこには彼らへの思いと、楽しもうとする純粋な姿だけがあった。
上がる歓声が、重く、熱く響く。
THE BACK HORNの『アサイラム』。
だから尚更に、夢のように幻のように感じたのかもしれない。

何日か経った今のほうが、終わった直後よりもさらにじわじわと訴えかけてくる感情。
だから、なかなか向き合えずにいた。
まだもう少し夢から醒めずにいたかった。
でももう現実に戻らなくてはいけない。
「明日からも頑張ろう」っと言った山田の言葉を胸に、私の心の夜がやっと明けた。

続きを読む "THE BACK HORN 「KYO-MEIツアー」 ~アサイラム~@渋谷CLUB QUATTRO"

|

2010年12月 4日 (土)

「生!福島大逆襲」~連載100回ついでに『音楽と人』200号記念トークイベント~@新宿ロフトプラスワン

バックホーン、松のトークイベント。
‘前回本の発売の時にも行ったしなぁ、どうしょうかなぁー’なんて思っていたんだけど。
仕事が終わってからでも間に合うし、松をご贔屓の友人も行くというので参加することにした。
前日にその友人から「忘れてないよね?」っていうメールが来ちゃうくらいに期待していなかったんですよ。
でも行ってよかった!!

続きを読む "「生!福島大逆襲」~連載100回ついでに『音楽と人』200号記念トークイベント~@新宿ロフトプラスワン"

|

より以前の記事一覧